Sports

docomo R&D Open House Report _IoT 2017.01.27

“制御、そして価値創造へ ”新たな価値提供フェーズに入ったIoT--

照明、鍵をはじめた分かりやすいものから、センサー、ビーコンを用いたセンシングまで種類はさまざまだが、多くのものがネットワークと接続するようになってきている。
モノがネットワークにつながるだけではなく、データを取得することにより、様々なサービスの提供が可能になってきている。
配送や、農業での活用、そしてドローンの実証実験、ドコモの取り組みについて、「DOCOMO R&D Open House 2016」では語られた。

続きを読む

Interview by Number編集部 2016.09.21

【Number 7/28発売号掲載】 先進テクノロジーとスポーツの未来。

NTTが東レと共同で開発した、“hitoe”という機能素材がある。hitoe製ウェアの特徴は、着るだけで心拍数など、さまざまな生体情報の常時モニタができること。従来の計測システムの皮膚に張り付けるセンサーなどに比べ、着用者に負担をかけず、連続的なデータの取得が可能なのだという。そして現在、神奈川県厚木市にあるNTTの研究所では、hitoe®などで計測された生体情報を活用し、スポーツの世界に革命を起こそうという取組みが行われている。hitoeの開発に携わった塚田信吾氏と、同じくNTTの研究者で、脳科学的アプローチでスポーツの真理を解明しようとしている柏野牧夫氏に、この画期的な素材の可能性を聞いてみた。塚田信吾(つutf-8

続きを読む