エンタテインメント

Text by 週間ダイヤモンド編集部 2018.01.22

【週刊ダイヤモンド11/13号転載】未来をつくる「5G」の挑戦

2020年の提供開始をめざし、NTTドコモは「5G(第5世代移動通信システム)」の研究開発を加速している。高速性と低遅延、多数端末との同時接続などの特長を持つ5Gは、多様な産業にインパクトを与える。今後3回の連載で、「5Gがつくる未来」について展望していきたい。連載第1回は、10月に開催されたCEATEC JAPANでの、サイバーアイ・エンタテインメント社長兼CEOの久夛良木健氏とNTTドコモ副社長の阿佐美弘恭氏との対談内容を紹介する。5Gの特長を生かす 「5Gトライアルサイト」 ──LTEの普及によって、モバイルの通信環境は非常に快適になったという実感があります。最近はさらなる高速化を実現する「5G」の話題が、多くのメディutf-8

続きを読む

Point-Rhythm World 2017.09.05

幻想的なインタラクションを実現した空間インターフェース技術、展覧会に向けた開発の裏側

技術が表現と出会うとき、その可能性は広がる。POLA MUSEUM ANNEXで開催された「Point-Rhythm World -モネの小宇宙-」は、そう感じさせてくれる展覧会だった。 展覧会タイトルに含まれている「Point-Rhythm(ポイントリズム)」は、点描画法という意味の「pointillism」とリズム(rhythm)をかけた造語。同展覧会では、クロード・モネが1899年に制作した「睡蓮の池」(ポーラ美術館所蔵)にインスパイアされ、アーティストの増田セバスチャンが独自の点描にて会場全体に再構築した。会場内の一角には、来場者の動きに合わせて表現が変化する空間が用意され、来場者の動きに呼応して蝶が舞い、幻想的な体験ができるようになっていた。このイutf-8

続きを読む

Event Report "chokaigi 2017" 2017.06.15

映像を空に映すドローンに、 五感を刺激する技術たち −−ニコニコ超会議で遭遇したエンタメの未来

数年前の常識は、今の常識とは異なる。同様に、数年後の常識もまた、今のそれとは異なっているはずだ。技術が常識を塗り替えていく速度は年々加速している。私たちは、2020年の未来では、どのような常識の中で暮らしているのだろうか。 2017年4月29日、30日に幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2017」に出展した「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」では、未来を予感させるAI、ドローン、映像、音響、振動といった最新技術のデモンストレーションやステージイベントを行った。ドローンによって映像が空に浮かぶ日は近いドローン技術の進歩は目覚ましい。荷物の配送や空撮、農薬散布など、既存産業のさまざまな作業をリプレイスしようとしutf-8

続きを読む

Interview by 日経エンタテインメント! 2017.03.30

【日経エンタテインメント! 2016年12月号掲載】人を導く触覚装置の可能性(映画監督・大友啓史)

日々進化するテクノロジーは、エンタテインメントのあり方をも大きく変えていくかもしれない。その可能性をヒットメーカーとともに探るシリーズ企画。第1弾は大友啓史監督が、NTTの研究所に直撃取材する。左は「ぶるなび」を研究開発するNTTコミュニケーション科学基礎研究所の五味裕章氏。おおとも・けいし 1966年、岩手県出身。90年にNHKに入局し、2009年に『ハゲタカ』で映画監督デビュー。大河ドラマ『龍馬伝』(10年)の演出を最後にNHKを退局し、『るろうに剣心』3部作(12~14年)、『プラチナデータ』(13年)といった話題作を次々と手がける。11月12日には小栗旬主演の『ミュージアム』が公開、現在『3月のライオン』前編が公utf-8

続きを読む