AI

INTER BEE IGNITION NIGHT 2018.01.31

「Inter BEE 2017」で実施された”新体感”のパフォーマンス

テクノロジーの発達により、人々の余暇が生み出され、その余暇を過ごすための体験もリッチなものになっていく。余暇に人を楽しませてくれる「エンターテイメント」は、その姿を急速に変えようとしている。2017年11月15〜17日の3日間、幕張メッセで開催されたイベント「Inter BEE 2017」は、エンターテイメントが生み出そうとしている「新感覚」をいち早く体験できる機会となった。メディアとエンターテインメントの先端に触れるメディアとエンターテインメント等の表現をテーマにした「Inter BEE 2017」で、今年フォーカスが当てられたのは「Show Biz」「Music」「Sports」の3つのテーマだ。これらのエンターテインメント領域には、VR(仮想utf-8

続きを読む

Event Report "chokaigi 2017" 2017.06.15

映像を空に映すドローンに、 五感を刺激する技術たち −−ニコニコ超会議で遭遇したエンタメの未来

数年前の常識は、今の常識とは異なる。同様に、数年後の常識もまた、今のそれとは異なっているはずだ。技術が常識を塗り替えていく速度は年々加速している。私たちは、2020年の未来では、どのような常識の中で暮らしているのだろうか。 2017年4月29日、30日に幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2017」に出展した「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」では、未来を予感させるAI、ドローン、映像、音響、振動といった最新技術のデモンストレーションやステージイベントを行った。ドローンによって映像が空に浮かぶ日は近いドローン技術の進歩は目覚ましい。荷物の配送や空撮、農薬散布など、既存産業のさまざまな作業をリプレイスしようとしutf-8

続きを読む

DOCOMO R&D Open HouseReport_AI 2017.01.27

“AIの進化と通信がもたらすさらなる可能性”2020年の先を見据えたドコモだからこそできるAI戦略とは――

世界中でさまざまな企業が研究開発に取組むAI領域において、ドコモはどのような世界観を構築しているのか。「DOCOMO R&D Open House 2016」で展示された具体的な取組みに触れながら、ドコモにおけるAIの一端を紹介していく“AI(Artificial Intelligence:人工知能)は、 もはやSFの世界の話ではなくなりつつある。”AIの精度を飛躍的に向上させた「機械学習」や「ディープラーニング(深層学習)」を中心とする第3次AIブームを機に、人の暮らしにAIが介在する世界が本格的に見えてきている。ここ数十年のインターネットの普及、そしてソーシャルメディアによって誰もが情報発信が可能となったことで、インターネット上には機械学習に欠かutf-8

続きを読む