NEWS

NEWS,外部メディア掲載 2018.06.21

生活が変わる世界が変わる5G

スマートフォンなどのデバイスの進化や消費者ニーズの変化に伴い、エンタテインメント業界は大きな変革期を迎えている。第3弾ではスポーツ、音楽、ゲーム産業の現在と、これらの分野への貢献が期待される次世代移動通信「5G」のテクノロジーについて紹介する。2020年を見据えて、産業がどのように変化していくのか、ビジュアルデータを交えながらくわしく見ていこう。

続きを読む

Text by ダイヤモンド社クロスメディア事業局 2018.03.30

【週刊ダイヤモンド1/13号転載】未来をつくる「5G」の挑戦

高速・大容量かつ低遅延、そして多数の端末との同時接続を実現する第5世代移動通信システム「5G」の研究開発が急ピッチで進んでいる。NTTドコモはフジテレビとの協業で、スポーツ観戦の新しい体験を提供する「ジオスタ」の開発を推進中。スポーツにおける5Gの可能性について、アスリートとしての経験を持つ為末大氏とNTTドコモの中村武宏氏が語り合った。「ジオスタ」が提供する スポーツ観戦の新体感  NTTドコモ 先進技術研究所 5G推進室 ICTソリューション本部 本部長 室長 主席研究員 中村 武宏氏 元陸上選手 DEPORTARE PARTNERS 代表 為末 大氏中村 NTTドコモは2020年のサービス開始をめざして、第5世代移動通信システム「5G」utf-8

続きを読む

Text by ダイヤモンド社クロスメディア事業局 2018.03.30

【週刊ダイヤモンド12/16号転載】未来をつくる「5G」の挑戦

NTTドコモは2020年のリリースをめざして、第5世代移動通信システム「5G」の研究開発を推進している。高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続という三つの特長を持つ5Gには、産業界からの期待も大きい。そこで、同社は「5Gトライアルサイト」を開設。パートナー企業と連携して、新しい価値づくりを進めている。その中の1社であるコマツとNTTドコモのキーパーソンが語り合った。稼働管理システムに 不可欠な通信網 NTTドコモ 取締役常務執行役員(CTO) R&Dイノベーション本部長 中村 寛氏 コマツ 常務執行役員 ICTソリューション本部 本部長 開発本部 副本部長 中野 一郎氏中村 2020年のサービス提供開始をめざして、当社は第5世代移動通utf-8

続きを読む

NEWS,外部メディア掲載 2018.03.30

生活が変わる世界が変わる5G

人口減少、高齢化社会、地方格差、環境汚染……。現代に生きる私たちが直面する様々な社会問題。今、それらを解決するカギとして注目されているのが、自動運転などに代表される「次世代交通システム」だ。次世代移動通信「5G」はその実現に重要な存在になるとされる。これまでの常識を覆す新しい交通システムは、どのようにして累積する社会問題を解決していくのか。さらに、そのシステムを支える新たな通信技術5Gは、私たちにどんな未来をもたらしてくれるのか。ビジュアルデータを交えながら、くわしく見ていこう。

続きを読む

future of entertainment 2018.02.28

5Gは「体験」をいかに更新するのか。

私たちの生活や体験をアップデートしてくれるだろうと期待の集まる第5世代移動通信システム「5G」。世界中の通信事業者や世界主要ベンダーが5Gに取組み、5Gを活用した新たなサービスやアプリケーションなどのユースケースが生まれ始めている。現時点で、5Gはどこまで進歩してきているのだろうか。数ある5Gの活用が期待される分野の中でも、人々の興味が注がれているのはエンタテインメント領域だ。AIやロボティクス等の技術発展により、将来的に「労働」の時間が減っていくと考えられる中で、余暇を充実させてくれるエンタテインメントの価値は相対的に高まっていくはずだ。5Gがエンタテインメント領域にもたらす新たな可能性に触れるイベンutf-8

続きを読む

YOYOGI CANDLE 2020 2018.01.31

2020年、スポーツ観戦は進化する。5Gが実現する参加型プロジェクションマッピングへの挑戦

2017年10月28日・11月29日の2日間、東京2020オリンピック・パラリンピックまで1000日を切ったことを記念して、NTTドコモ 代々木ビル壁面への「新体感プロジェクションマッピング」のイベントが開催。多くの人が集まり、ドコモの考える未来のエンタテインメントを体感した。近未来のプロジェクションマッピングを体感プロジェクターを用いて、建物などに映像を映し出すプロジェクションマッピングに、5Gや人流解析技術などの新技術が組み合わさることで、近未来を感じさせるイベントとなった。初めて、実験が行われたのは10月28日。台風が近づき、冷たい風が吹き、段々と雨脚が強まる中での投影となった。あいにくの天候であるにも関わらず、utf-8

続きを読む

Text by ダイヤモンド社クロスメディア事業局 2018.01.22

【週刊ダイヤモンド11/18号転載】未来をつくる「5G」の挑戦

2020年の提供開始をめざし、NTTドコモは「5G(第5世代移動通信システム)」の研究開発を加速している。高速性と低遅延、多数端末との同時接続などの特長を持つ5Gは、多様な産業にインパクトを与える。今後3回の連載で、「5Gがつくる未来」について展望していきたい。連載第1回は、10月に開催されたCEATEC JAPANでの、サイバーアイ・エンタテインメント社長兼CEOの久夛良木健氏とNTTドコモ副社長の阿佐美弘恭氏との対談内容を紹介する。5Gの特長を生かす 「5Gトライアルサイト」 ──LTEの普及によって、モバイルの通信環境は非常に快適になったという実感があります。最近はさらなる高速化を実現する「5G」の話題が、多くのメディutf-8

続きを読む

NEWS,外部メディア掲載 2018.01.15

生活が変わる世界が変わる5G

3年後の2020年。我々の生活はこの50年間で劇的に進化した家電や情報機器、そしてそれらをつなぐインターネットの普及と同等の、いやそれ以上かもしれない変革を迎える。生活や産業を一変させるというIoT社会。それを実現するために欠かせないのが、機器などをつなぐ新たな通信技術。何兆個ともいわれる機器やセンサーを瞬時につなぐための切り札として期待されるのが「5G(ファイブジー)」だ。現在開発中の第5世代移動通信システム5Gには、これまでの4Gの常識を覆すテクノロジーの数々が詰まっている。もはや夢ではなく、目の前に迫った5Gの無限の可能性を見ていこう!

続きを読む

Innovation Interview 2017.09.19

ICTが拓く農業の未来。フレッシュファーストの挑戦。

日本はさまざまな社会課題に直面しており、その中でも農業の現況は厳しい。農業の担い手が不足しており、数多くの農家が廃業している。一方で、希望もある。これまで農業にはICTが活用される場面は少なかった。まだ、生産性を向上させ、課題を解決していく余地は大いにある。ドコモでは、農業が抱える課題をドコモらしく解決するための新たな挑戦が始まろうとしている。新しくスタートするのは、農家と消費者を直接つなぎ、農作物の販売・購入を行えるF(Farm)to Cプラットフォーム型ECサービス「FreshFirst(フレッシュファースト)」だ。フレッシュファースト上では生産者側は自由に価格を設定でき、消費者は農作物を好きな農家から自由utf-8

続きを読む