Interview

Innovation Interview 2017.09.19

ICTが拓く農業の未来。フレッシュファーストの挑戦。

日本はさまざまな社会課題に直面しており、その中でも農業の現況は厳しい。農業の担い手が不足しており、数多くの農家が廃業している。一方で、希望もある。これまで農業にはICTが活用される場面は少なかった。まだ、生産性を向上させ、課題を解決していく余地は大いにある。ドコモでは、農業が抱える課題をドコモらしく解決するための新たな挑戦が始まろうとしている。新しくスタートするのは、農家と消費者を直接つなぎ、農作物の販売・購入を行えるF(Farm)to Cプラットフォーム型ECサービス「FreshFirst(フレッシュファースト)」だ。フレッシュファースト上では生産者側は自由に価格を設定でき、消費者は農作物を好きな農家から自由utf-8

続きを読む

Point-Rhythm World 2017.09.05

幻想的なインタラクションを実現した空間インターフェース技術、展覧会に向けた開発の裏側

技術が表現と出会うとき、その可能性は広がる。POLA MUSEUM ANNEXで開催された「Point-Rhythm World -モネの小宇宙-」は、そう感じさせてくれる展覧会だった。 展覧会タイトルに含まれている「Point-Rhythm(ポイントリズム)」は、点描画法という意味の「pointillism」とリズム(rhythm)をかけた造語。同展覧会では、クロード・モネが1899年に制作した「睡蓮の池」(ポーラ美術館所蔵)にインスパイアされ、アーティストの増田セバスチャンが独自の点描にて会場全体に再構築した。会場内の一角には、来場者の動きに合わせて表現が変化する空間が用意され、来場者の動きに呼応して蝶が舞い、幻想的な体験ができるようになっていた。このイutf-8

続きを読む

INTERVIEW WITH DAIZO IKEDA 2017.06.30

インバウンドから高密度化する都市まで。「流動」の可視化・最適化をめざす『モバイル空間統計®』

移動技術やテクノロジー、そして通信技術の進化は、人々の移動を大きく変容させた。とくにテクノロジーと通信技術の進歩はめざましく、ビジネスの場面では遠方のクライアントともビデオ会議で済むようになり、働き方改革で注目を集めるテレワークも増加。距離を超えて多くの人が当たり前に「つながる」時代を実現している。人々の移動に関する膨大なデータを活用するドコモは、プラットフォーマーとして、この『つながる』を裏側で支えるとともに、つなげる過程で得た人々の移動に関する膨大なデータをさまざまな分野で活用をはじめている。その1つが「人口流動」だ。モバイルネットワークでは、いつでもどこでも利用できるよう、基地局ごとutf-8

続きを読む

Interview by 日経エンタテインメント! 2017.03.30

【日経エンタテインメント! 2017年4月号掲載】仮想空間で現実世界を超える挑戦(ダンスアーティスト ケント・モリ)

テクノロジーの進展は、エンタテインメントに革命をもたらすかもしれない。その可能性をヒットメーカーとともに探るシリーズ企画。第3弾はダンスアーティストのケント・モリ氏が、2020年の実用化を目指す仮想空間エンタテインメントの可能性を取材した。左は「Free Viewpoint LIVE」を用いたVRサービスの開発を行っているドコモの的場直人氏。ケント・モリ 1985年生まれ、愛知県出身。2006年に単身渡米。2008年にマドンナのツアー専属ダンスアーティストに抜てきされる。翌年、憧れのマイケル・ジャクソンの専属ダンスアーティストに選ばれるも辞退。2015年には自身初の映像作品集DVD『1』を発売。他にもクリス・ブラウン、アッシャーutf-8

続きを読む

Interview by 日経エンタテインメント! 2017.03.30

【日経エンタテインメント! 2017年2月号掲載】リアルに迫る映像伝送装置の真価(演出家・佐々木敦規)

テクノロジーの革新は、エンタテインメントの姿をも大きく変えていくかもしれない。その可能性をヒットメーカーとともに探るシリーズ企画。第2弾は演出家の佐々木敦規氏が、2020年に向けて実用化が期待される新たな映像技術を取材した。「Kirari!」で卓球プレーヤー2人の映像をリアルタイムに配信。ステージ上の実物は卓球台だけだ。ささき・あつのり 1967年生まれ、東京都出身。演出家・映像ディレクター。フィルムデザインワークス取締役。『とんねるずのみなさんのおかげでした』などのバラエティ番組、格闘技番組の演出を経て、2010年からももいろクローバーZのステージ演出を担当。日産スタジアム、国立競技場といった数万人規模utf-8

続きを読む

Interview by 日経エンタテインメント! 2017.03.30

【日経エンタテインメント! 2016年12月号掲載】人を導く触覚装置の可能性(映画監督・大友啓史)

日々進化するテクノロジーは、エンタテインメントのあり方をも大きく変えていくかもしれない。その可能性をヒットメーカーとともに探るシリーズ企画。第1弾は大友啓史監督が、NTTの研究所に直撃取材する。左は「ぶるなび」を研究開発するNTTコミュニケーション科学基礎研究所の五味裕章氏。おおとも・けいし 1966年、岩手県出身。90年にNHKに入局し、2009年に『ハゲタカ』で映画監督デビュー。大河ドラマ『龍馬伝』(10年)の演出を最後にNHKを退局し、『るろうに剣心』3部作(12~14年)、『プラチナデータ』(13年)といった話題作を次々と手がける。11月12日には小栗旬主演の『ミュージアム』が公開、現在『3月のライオン』前編が公utf-8

続きを読む
ochi05のコピー

INTERVIEW WITH Ochi 2017.03.27

妊婦のゲノム情報とライフログを組み合わせて疾患の原因を探る東北大学とドコモの共同研究「マタニティログ調査」

テクノロジーが進歩し、医療・健康分野においても日々新たなアプローチが生まれている。IoT技術を活用したライフログデータの収集や、AI技術を用いたゲノム情報等の解析がその代表例だ。IBM社が開発している人工知能「ワトソン」をゲノム医療における診断支援に導入し、がん患者のゲノムを解析し、適切な診断結果を出した例もある。 ビッグデータを医療に効果的に活用していくことが今後いっそう重要になっていくと考えられるが、未だデータ化されていない情報や、未だ原因のわからない病気も存在する。 可視化されてこなかった情報のデータ化とビッグデータ解析、双方が進歩することでどのような未来が実現するのか――ドコモで研究開発に取utf-8

続きを読む

INTERVIEW WITH Yuki Yamada 2017.03.13

呼気や皮膚ガスを測って 簡単に健康チェック――ドコモの技術がつくる健康管理の未来

高齢化社会の進展や医療費の増加にともない、健康・医療分野はイノベーションが強く求められている。このイノベーションを実現するため、昨今,人工知能(AI)技術が活用されはじめている。
AI技術によって存在するデータの分析精度を向上させる以外にも、センシング技術を用いてこれまでデータ化されていなかった健康状態をデータ化しようという動きがある。私たちの健康は、これから先どのように形作られていくのかーードコモで個人の健康チェックを加速させる研究開発を行っているエンジニアに話を聞いた。

続きを読む

Interview by Pen編集部 2016.09.28

【Pen 10/1号掲載】超リアルへ肉薄する、映像の未来とは。

2020年の実現を目指し、エポックメイキングな映像技術を探求するNTTの木下真吾さん。視覚効果を中心に五感に届く独自の体験をクリエイトする村松亮太郎さん。技術の進展と世界の変容を読み解く佐々木俊尚さん。映像技術を軸に未来を語る。佐々木俊尚 Toshinao Sasaki 作家・ジャーナリスト ●1961年兵庫県生まれ。毎日新聞社会部記者として警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件や海外テロ、コンピュータ犯罪などを取材。その後、アスキーなどを経て現在はフリージャーナリストとして活躍。著書に「ライブドア資本論」、「グーグル Google 既存のビジネスを破壊する」などがある。木下真吾 Shingo Kinoshita NTTサービスエボリューショutf-8

続きを読む