Event Report

Event Report 2018.11.26

AI運行バスの実証実験から見えてきた、新たなモビリティ社会の可能性

人口減少や超高齢化社会、訪日外国人の急増に直面する日本において、交通空白地、観光地における渋滞などが深刻な問題となっている。こうした交通課題の解決をめざし、新たなモビリティ社会の実現に向けた各社の取組みが加速している。そのうちの一つが、ドコモが提供する「AI運行バス」だ。自動車業界だけでなく、ITや物流などさまざまな業界の企業が次世代型の交通サービス市場に参入するなか、ドコモは通信事業者としてどのように日本の交通課題の解決に貢献していくのだろうか。観光客にとってちょうどよい交通手段をAI運行バスは、乗客からの予約に応じて人工知能(AI)がリアルタイムに配車とルートを最適化して走行する乗合型の交通utf-8

続きを読む

5G Tokyo Bay summit® 2018 2018.07.12

協業する多様な企業群が「5G」の実用化を推し進める−−5G Tokyo Bay summit® 2018

通信は、目に見えない。だが、たしかに存在し、私たちの生活を変えてくれる。空気のようになくてはならない存在だ。通信の進歩は、産業構造の変化、新たなサービスの登場、コミュニケーションやエンタテインメントの進化などをもたらし、私たちの生活を確実に変えてきた。「5G」という次世代の通信技術が、私たちの生活を根本から変える日はすぐそこまで迫ってきている。1000を超えるパートナーたちと5Gの到来を推し進める「5G」ネットワークは、4G LTEネットワークの数十倍の速さで通信できる。高速・大容量、低遅延、多数端末接続を可能とする次世代の通信技術に関する多数の要素技術の検討において、ドコモは標準化活動を主導し、他のオutf-8

続きを読む

NTT R&D Forum 2018 2018.05.31

テクノロジーは近未来の予測を可能にする−−NTT R&D フォーラム 2018

2018年2月22日、23日の2日間、NTT武蔵野研究開発センタにおいて「デジタル技術が彩る未来へ」をコンセプトに、「NTT R&Dフォーラム2018」が開催された。年に一度開催される同フォーラムでは、テクノロジーがもたらす未来の姿を垣間見ることができる。今回は、「未来予測」を可能とするテクノロジーに焦点を当てる。未来の需要を予測する「AIタクシー®」ドコモは人工知能を活用したリアルタイム移動需要予測技術で、未来のタクシー乗車需要を予測するサービス「AIタクシー®」を、2018年2月15日より法人企業向けに日本全国で提供を開始している。NTT R&Dフォーラム2018でも、AIタクシーの展示ブースが出ていた。AIタクシーは、タクシutf-8

続きを読む

『DIG INTO GOOD GAMES』ローンチパーティレポート 2018.05.31

eスポーツは「観戦体験」の発明が発展の鍵となる

人は先史時代から「スポーツ」を行っていたと言われている。時代とともに新たなスポーツが発明され、人々を熱狂させてきた。テクノロジーは、新たなスポーツも誕生させる。世界的なムーブメントとして広がりを見せるスポーツエンターテイメント「eスポーツ」も、新たなスポーツの1つだ。2018年3月31日、「eスポーツ」をテーマとしたゲームイベント『DIG INTO GOOD GAMES(以下、DIGG)』のローンチパーティが豊洲PITとMIFA Football Parkにて開催された。今回は、そのイベントから感じたeスポーツの可能性をお伝えする。電脳のスポーツ競技「eスポーツ」の盛り上がりeスポーツは、“エレクトロニック・スポーツ”の略称だ。格闘ゲームやサッカutf-8

続きを読む

Event Report 2018.04.27

テクノロジーが試合観戦の体験を大きく変えるNTT R&D フォーラム 2018

2018年2月22日、23日の2日間、NTT武蔵野研究開発センタにおいて「デジタル技術が彩る未来へ」をコンセプトに、「NTT R&Dフォーラム2018」が開催された。平昌オリンピックの開催時期に示されたのは、2020年に向けて試合観戦体験をアップデートし続けるテクノロジーの現在地だった。 超高臨場感通信技術「Kirari! 」が見せた3つの“BEYOND”R&Dフォーラム 2018では、空間の臨場感をまるごとリアルタイムに伝送することをめざした、超高臨場感通信技術「Kirari!」の新たな可能性がお披露目された。デモンストレーションで「Kirari!」は、新たに3つの”BEYOND”を、来場者たちに示した。「Kirari!」が飛び越えたのは、「Distance(距離utf-8

続きを読む

Text by ダイヤモンド社クロスメディア事業局 2018.03.30

【週刊ダイヤモンド1/13号転載】未来をつくる「5G」の挑戦

高速・大容量かつ低遅延、そして多数の端末との同時接続を実現する第5世代移動通信システム「5G」の研究開発が急ピッチで進んでいる。NTTドコモはフジテレビとの協業で、スポーツ観戦の新しい体験を提供する「ジオスタ」の開発を推進中。スポーツにおける5Gの可能性について、アスリートとしての経験を持つ為末大氏とNTTドコモの中村武宏氏が語り合った。「ジオスタ」が提供する スポーツ観戦の新体感  NTTドコモ 先進技術研究所 5G推進室 ICTソリューション本部 本部長 室長 主席研究員 中村 武宏氏 元陸上選手 DEPORTARE PARTNERS 代表 為末 大氏中村 NTTドコモは2020年のサービス開始をめざして、第5世代移動通信システム「5G」utf-8

続きを読む

Text by ダイヤモンド社クロスメディア事業局 2018.03.30

【週刊ダイヤモンド12/16号転載】未来をつくる「5G」の挑戦

NTTドコモは2020年のリリースをめざして、第5世代移動通信システム「5G」の研究開発を推進している。高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続という三つの特長を持つ5Gには、産業界からの期待も大きい。そこで、同社は「5Gトライアルサイト」を開設。パートナー企業と連携して、新しい価値づくりを進めている。その中の1社であるコマツとNTTドコモのキーパーソンが語り合った。稼働管理システムに 不可欠な通信網 NTTドコモ 取締役常務執行役員(CTO) R&Dイノベーション本部長 中村 寛氏 コマツ 常務執行役員 ICTソリューション本部 本部長 開発本部 副本部長 中野 一郎氏中村 2020年のサービス提供開始をめざして、当社は第5世代移動通utf-8

続きを読む

Event Report Chichibunomiya Rugby Stadium 2018.02.28

進化する観戦体験。5G、ARやVRが生み出す新たなスポーツの楽しみ方とは

テクノロジーの進歩によって、スポーツの楽しみ方も変わる。より深く、より広く、より多様な楽しみ方が可能になる。2017年12月24日に開催されたジャパンラグビー トップリーグの試合「NEC グリーンロケッツ vs NTTドコモ レッドハリケーンズ戦」において、NTTドコモが提供するテクノロジーを活用して観戦体験を拡張することをめざした実証実験が行われた。5G、AR、VR技術を組み合わせて観戦体験の拡張をめざすプレイする、選手を支える、観戦する。スポーツを楽しむ方法は様々あるが、すべての関わり方においてICTが関与する余地がある。今回のイベントでは、「観戦する」に焦点を当て、体験のアップデートをめざす取組みが行われた。スポーutf-8

続きを読む

future of entertainment 2018.02.28

5Gは「体験」をいかに更新するのか。

私たちの生活や体験をアップデートしてくれるだろうと期待の集まる第5世代移動通信システム「5G」。世界中の通信事業者や世界主要ベンダーが5Gに取組み、5Gを活用した新たなサービスやアプリケーションなどのユースケースが生まれ始めている。現時点で、5Gはどこまで進歩してきているのだろうか。数ある5Gの活用が期待される分野の中でも、人々の興味が注がれているのはエンタテインメント領域だ。AIやロボティクス等の技術発展により、将来的に「労働」の時間が減っていくと考えられる中で、余暇を充実させてくれるエンタテインメントの価値は相対的に高まっていくはずだ。5Gがエンタテインメント領域にもたらす新たな可能性に触れるイベンutf-8

続きを読む