NTTドコモは2020年のリリースをめざして、第5世代移動通信システム「5G」の研究開発を推進している。高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続という三つの特長を持つ5Gには、産業界からの期待も大きい。そこで、同社は「5Gトライアルサイト」を開設。パートナー企業と連携して、新しい価値づくりを進めている。その中の1社であるコマツとNTTドコモのキーパーソンが語り合った。

稼働管理システムに 不可欠な通信網

nttrd_nakamura

NTTドコモ 取締役常務執行役員(CTO)
R&Dイノベーション本部長
中村 寛氏

komatsu_nakano

コマツ 常務執行役員
ICTソリューション本部 本部長
開発本部 副本部長
中野 一郎氏

中村 2020年のサービス提供開始をめざして、当社は第5世代移動通信システム「5G」の研究開発に取組んでいます。5Gの特長は大きく三つ。現在と比べて桁違いの高速性・大容量、低遅延、多数の端末との同時接続が可能になることです。通信は人々のライフスタイルだけでなく、企業のビジネスにも大きな影響を与えます。5Gを活用することで、今までにないサービスやビジネスモデルが生まれると期待しています。

中野 コマツの建機などには、稼働管理システム「KOMTRAX」が装備されています。機械の位置や稼働状況を把握し、より良いサービスを実現するための仕組みです。建設現場などで働く建機からデータを集めるには通信網が欠かせません。建機への標準装備が始まった01年ごろから、NTTドコモとのパートナーシップはより強固なものになりました。約15年で通信の能力は向上し、以前よりも多くの情報を収集することができるようになりました。5Gが実現すれば、さらに高度なサービスが可能になるでしょう。

安全に違和感なく 建機を遠隔操作する

中村 ビジネスにおける通信の要件を最もよく知っているのは、各分野で豊富な経験を持つ企業のみなさまです。そうしたパートナーのニーズに耳を傾けながら、私たちは5Gのビジネスへの適用範囲を広げていきたいと考えています。主役はそれぞれの企業のみなさまであり、当社はあくまでもサポート役です。そうした考え方をベースに、今年5月に「5Gトライアルサイト」をスタートさせました。コマツさまとも5Gの電波を使った実証実験を行わせていただいています。

中野 当社が行っているトライアルの中身は、遠隔からの建機の運転です。そのためには、離れた場所にいるオペレーターと建機との間でリアルタイムの通信を行う必要があります。建機をオペレーターの視界内で動かす遠隔運転は以前から行っていますが、今回は視界が届かない場所から操作します。

中村 5Gなら4K、8Kの動画も送ることもできます。より高精細な動画を低遅延で送ることが可能となります。遠隔地のオペレーターが安全に、違和感なく操作できるよう、当社としては精いっぱいサポートしていきたいと思っています。

5g_image

図 5Gがめざす社会
「高速・大容量」「低遅延」「多数の端末との接続」という三つの特長を持つ5G。これによって、生活がより豊かになるだけでなく、今までは想像もできなかったようなさまざまな新規ビジネスが生まれてくると期待されている。

— 実際に、遠隔操作に求められる具体的な要件とはどのようなものですか。

中野 ポイントは画像の精細度と通信の低遅延です。きれいな画像を見て運転しようとすると、その分、画像がオペレーターの元に届くまでに時間がかかります。画像データの通信にコンマ1秒の遅延があると、事故につながる可能性もあります。こうした観点で、5Gのスペックは遠隔操作の要件を満たしています。ただし、何らかの理由でデータに欠損が生じた場合なども考慮し、ある程度余裕を持たせた強固なシステムを構築する必要があります。

5Gが収集する画像情報 AI処理による可能性

中村 特に動画は通信網への負荷が大きいのですが、2Gから3G、さらに現在の4Gへと進化する中で、多くのユーザーが動画をストレスなく楽しめるようになりました。こうした中で、移動通信を活用したさまざまなサービスが生まれましたが、次世代の5Gに対する産業界の期待は一段と高いと感じます。

— 「5Gは第4次産業革命の基盤になる」といった声を聞く機会も増えました。例えば、工場内の設備に搭載された数多くのセンサーからデータを集めて製造プロセスを最適化する、さらに工場の枠を超えて情報をやりとりしながら、サプライチェーン全体の最適化を図る。自動運転や医療、スマートシティなどあらゆる分野において、5Gが大きな役割を果たすことでしょう。

中野 それぞれの取組みを進めるためには、多種多様なデータが必要です。中でもインパクトが大きいのは画像データでしょう。当社だけでなく、多くの分野で画像を生かして生産性の向上や新サービスの開発が進むと思います。

中村 特に関心が高まっているのが、著しい進化を続けるAIとの組み合わせです。AIの最も得意な分野の一つが画像認識であり、すでに人間の視力を超える精度に達しています。ただ、粗い画像では精度が落ちます。5Gで収集した高精細かつ膨大な画像データをAIに読み込ませることで、画期的なサービスが実現することでしょう。

中野 当社にとってテクノロジーとビジネスの両面で、NTTドコモとのパートナーシップは非常に重要です。お互いに刺激し合いながら、新しい価値づくりに取組んでいきたいですね。

中村 同感です。未来への扉を一緒に開くために、20年に向けて研究開発をさらに加速させていきたいと思っています。

【週刊ダイヤモンド12月16日号転載】
Text: 津田浩司(つだ・こうじ)
Photographer: 竹井俊晴(たけい・しゅんせい)