5Gの特長を生かす
「5Gトライアルサイト」

ceo_mr_kutaraki

──LTEの普及によって、モバイルの通信環境は非常に快適になったという実感があります。最近はさらなる高速化を実現する「5G」の話題が、多くのメディアで取り上げられるようになりました。まず、5Gはどのようなものか、NTTドコモの阿佐美さんにお聞きします。

svp_mr_asami

阿佐美 モバイルのネットワークは急速な進化を続けています。「iモード」が始まったのは1999年ですが、当時は10Kbpsに満たない通信速度でした。当社の「PREMIUM 4G」は、今年9月には受信時最大788Mbpsまで高速化しています。2000年代に入ってから、10万倍近い高速化を実現したことになります。そして、当社は今20年のリリースをめざして、5Gの研究開発を推進しています。

5Gの特長は大きく3つあります。

fig_001

現在の20倍以上に相当する20Gbpsの高速性と大容量、低遅延、そして多数の端末と同時接続ができること。東京五輪のときには、日本を訪れた各国の人たちに5Gの世界を体感してもらいたいと思っています。

久夛良木 5Gは大量データを高速に送ることができるほか、エリア内の膨大な数のセンサーからのデータを収集することができるので、インパクトは大きいと思います。それは、リアルの世界を高精度でバーチャル空間に再現可能になることを意味します。リアルとバーチャルの融合が進むという言い方もできるでしょう。

──現状では、5Gへの取り組みはどの程度まで進んでいるのでしょうか。

阿佐美 当社はさまざまな業種の企業との協業をベースに、今年5月、「5Gトライアルサイト」をスタートさせました。東京・お台場や東京スカイツリーで試験的に5Gの通信環境を構築し、新たなサービスづくりを進めようとしています。その事例を幾つか紹介しましょう。

まず、フジテレビジョン(フジテレビ)様とのコラボレーションにより、新体感コンテンツの開発に取り組んでいます。例えば、AR(拡張現実)の技術を用いて、ジオラマ上にスポーツ選手の姿を合成して投影します。スタジアムから遠く離れた場所で、観客は動き回る選手たちの3D映像を楽しむことができます。

また、綜合警備保障(ALSOK)様とは、超高速・大容量という5Gの特性を生かして、警備システムの高度化に向けた実証実験を行っています。街頭などに設置したカメラの映像がHDから4Kに高精細化すれば、さまざまなものを捉える認識率が大きく向上します。

それぞれの分野で独自の強みを持つ企業と共に、5Gによる新しい価値を創出していきたい。そんなチャレンジの最前線が、5Gトライアルサイトです。

次のページは深層学習と高精細画像の組み合わせで広がる可能性についてです。