Koji Uehara Meets Advanced Technology  

 人間の脳の働きが、スポーツのパフォーマンスといかに関わりあっているかを研究する機関として、NTTは今年1月、『スポーツ脳科学プロジェクト』を発足させた。そのプロジェクトマネージャー、柏野牧夫が、とりわけ興味を持っているテーマがある。
「上原浩治はなぜ打たれないのか」だ。
 メジャーリーグでも屈指のセットアッパー。レッドソックスに所属していた2013年シーズンには、ワールドシリーズ制覇の立役者の一人となっている上原だが、球速は平均140キロ台しかなく、持ち球は2本柱となるフォーシーム系ストレートとスプリット、そして時折混ぜるカットボールの3種類のみ。にもかかわらず、彼が米球界においてトップクラスの奪三振率を誇っているのはなぜなのか?
 柏野はその謎を解く糸口となるであろう自身の仮説を投げかけるべく、17年シーズン開幕に向け、東京都内で自主トレを行なっていた上原のもとを訪ねた。
 まず二人の話題に上ったのは、上原のピッチングの代名詞とも言えるストレートの「キレ」についてだ。
 これまで、ボールのキレの正体は「初速と終速の差の小ささ」や、「回転数の多さ」などに起因するのではという憶測がなされてきた。事実、米球場での計測によれば、上原のストレートはメジャーの一線級投手に比べて球速で劣るが逆に回転数は多く、ボールの軌道の落下幅が小さい、つまりホップする度合いが大きいという結果が出ている。
 だがメジャーの強打者ともなれば、対戦を重ねるにつれ、そうした特徴にもやがて慣れるはず。しかも、柏野らが米球場のそれと同じ計測機器を研究施設内のフィールドに設置し、プロ野球、大学野球を始めとした様々な投手のデータを計測した結果、投じられた球の速度や回転数と、バッターが感じるボールのキレは、単純に直結しないことが明らかになりつつあるのだという。
 そこで柏野は、上原のボールの打ちにくさの正体はボール自体の物理的特性、言い換えれば数字で容易に表わされるものではなく、むしろ「認知」の問題ではないかと考えた。
 実は、人間がものを見るということは、相当に複雑な情報処理なのである。眼球はある時点ではここ、次はあそこという具合に動きながら、限られた範囲の色や形、動きなどの情報をサンプリングする。このような断片的で不完全な情報を脳がまとめあげ、脳内に蓄えられた過去の情報も加味して、一貫した「見え方」を作り出している。
 バッターが投球を見極める場合も例外ではない。ボールの軌道がどう見えるかは、眼球がどう動き、どのような情報をサンプリングするか、それを脳がいかに解釈するかにかかっているのだ。
 もうひとつ重要なのは、このような情報処理には、ある程度の時間を要するということだ。例えば、プッシュボタンに手をかけて、光が灯ったら押すという単純な課題ですら0・2秒ほどかかる。ましてや、球種の判別、打つか否かの判断、適切なバットスイング動作という一連の作業を0・5秒にも満たない時間で遂行するのは、人間の処理速度の限界に近い。ピッチャーとバッターは、この限界をめぐってせめぎ合っているのである。

次のページでは具体的なポイントについて解説しています