ドコモの最新技術が一挙に公開されるイベント「DOCOMO R&D Open House 2016」が2016年11月17~18日にドコモ R&Dセンタにて開催された。

今回、同イベントでメインテーマとなったのが、次世代移動通信システム「5G」。ドコモは現在、2020年のサービス提供開始をめざし、5Gに関する研究開発や規格策定に向けた動きを推し進めている。

160903_P9I7912_fin2

NTTドコモ 5G推進室室長の中村が講演した「今知っておきたい5Gがもたらすビジネスの可能性~5G基礎知識を特長と共に紹介~」では、この3つの特長によって実現されるサービスやコンテンツの将来像について触れられた。

「5Gに向けたサービスのトレンドは、すべてのモノが無線でつながること。無線サービスの拡張、多様化が進み、リアルタイムであらゆる処理が行われるようになる。ネットワークでつながることが当たり前になることで、デバイス間、遠隔地間の距離概念が変わる」と、ビジネスサイドに落とし込んだ際の可能性にも触れつつ中村は語った。

この3つの特長をベースにして、ビジネスサイドでは5G技術を具体的なサービスやコンテンツなどユーザーにとって価値ある状態に落とし込んでいくことが求められる。

“新しいサービス・コンテンツ創出に向けた
「5Gトライアルサイト」”

ドコモは5G時代に向け、5Gがユーザーや社会にどのような影響を与えていくのかを確認するために、さまざまな企業とコラボレーションを実施。5Gを活用した具体的なサービス創出にむけ、新たなサービス・コンテンツをパートナー企業と連携し開発している。有望なサービスについては一般のお客さまが体験できるように、「5Gトライアルサイト」という環境を2017年5月以降に提供する予定だ。

前述の5Gにおける3つの特長がどのようにビジネスに落とし込まれていくかを、さまざまなパートナーと共に実証実験を通して確認しているというわけだ。会場では、実際の取組みについてブース形式で紹介されていた。ここでは、5Gの活用事例をいくつか紹介する。

“あとからおもいでカメラ”

16_00-6画像出典:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/11/16_00.html

1つめは、2015年12月に開催した「5Gアイデアコンテスト」の優秀作品をヒントにし、ブライトシステムと共同で開発を行った「あとからおもいでカメラ」だ。

「あとからおもいでカメラ」は、レジャー施設やイベント会場での利用を想定している。ユーザーがあらかじめアプリに顔写真を登録しておくと、施設内に設置されているカメラが顔認証技術を用いてユーザーを自動で撮影してくれる。そして、その写真をユーザーが閲覧できるというものだ。

この実験では施設内にある無数のカメラから高画質の映像を大量に抜き出すため、超多端末接続や高速大容量の通信といった5Gの特長が活用されている。

“Free Viewpoint LIVE”

160903_P9I8000_fin2

2つめも、「5Gアイデアコンテスト」がベースとなって生まれた「Free Viewpoint LIVE」だ。クレッセントとドコモが共同で開発を行った「Free Viewpoint LIVE」は、16台のカメラで撮影した映像をリアルタイムでCG化し、仮想現実上にリアルに映し出す技術だ。

160903_P9I8017_fin2

グリーンバック空間内の人物を取り囲む16台のカメラで撮影した映像から人物の形状とテクスチャをリアルタイムで生成し、人物の3次元立体映像を創り出す。その映像を5Gのネットワークを用いて送信し、別の人が装着したHMD(Head Mount Display)に映し出すというもの。

5Gが普及していけば、離れた場所で人が体を動かしている様子を仮想世界に再現して自由な視点から楽しめるゲームやエンターテイメントコンテンツの登場も期待される。

“5G FACTORY”

160903_P9I8248_fin2

最後は、新日鉄住金ソリューションズと共同で開発を行った、自由視点映像技術を用いて、工場を含む生産現場のさまざまな機器の遠隔操作を行う「5G FACTORY」だ。

3次元センサーをロボットアーム等の機器の周辺に設置し、センサーが取得した情報を5Gネットワークで収集。集めた情報を3D映像化し、操作者が装着するHMDにVR表示させる。3D映像のリアルタイム配信、操作対象機器やその周辺環境の自由視点での可視化、操作情報の低遅延送信により、工場のさまざまな機器の遠隔操作を可能にする。

160903_P9I8770_fin2

危険が伴う場所でも人が直接的に介在する必要がなくなるのだ。さらには、生産拠点が海外などに分散している場合でも、操作者は1か所に集中配備できるといった生産性の向上につながる可能性のある事例といえるだろう。「5G FACTORY」は、5Gの特長の中でも「高速大容量」と「超高信頼低遅延」を活かした事例だ。

今後映像が4K、8Kと解像度を上げていくことでリアリティはさらに向上することが期待される一方、その裏側には高速大容量な通信網が不可欠となる。ネットワークの進化によって距離概念が変わるという物語は以前より語られ続けてきた。リアルタイムかつ解像度の高い状態での映像通信が実現される5G時代の到来により、いよいよ現実になろうとしている。

会場では他にも、高解像度カメラを用いた警備システムや、観光用途で活用するVRコンテンツ、次世代ディスプレイ技術を用いたデモや、特定のエリア内で5Gのネットワークを飛ばし、観光案内用のVRコンテンツを提供する実証実験など、「高速大容量・超多数端末接続・超高信頼低遅延」という、5Gの3つの特長を組み合わせて活用した事例が幅広く展示されていた。

“注目を集めた自動運転バスの5Gによる遠隔監視”

160903_P9I8071_fin2

またDeNAと共同で実証実験を行っている自動運転でも、5Gは自動運転車両の遠隔監視システムを支えるネットワークとして活用されている。

自動運転車の場合、車両内外の様子を運営側が把握できないという課題がある。もしもの事態に対応するため、高精細の映像をリアルタイムに運営サイドが把握できる状態を用意することは、今後必要となってくるはずだ。

その際、5Gの「高速大容量・超多数端末接続・超高信頼低遅延」といった特長は、重要な役割を果たしていくだろう。

次世代を担うネットワーク5Gは世の中にどのような影響を与え、変化を起こすのか。着実に商用化にむけた動きが進むいま、インフラサイド、ビジネスサイドのどちらからも、具体的に未来像を描き、歩んでゆくことが求められてきている。

ドコモは2020年の5Gの商用化に向け、世界を牽引する存在となるべく、「5Gトライアルサイト」の提供などを通じて一歩ずつ進んでいく。

Photos : 植村忠透|Tadayuki Uemura
名児耶 洋|Hiroshi Nagoya

Edit : モリ ジュンヤ|Junya Mori
Text : 小山和之| Kazuyuki Koyama