生活が変わる 世界が変わる 5G

教育
農業
医療
自動運転
5G
次世代移動通信5Gの波に乗り遅れるな!

3年後の2020年。我々の生活はこの50年間で劇的に進化した家電や情報機器、そしてそれらをつなぐインターネットの普及と同等の、いやそれ以上かもしれない変革を迎える。生活や産業を一変させるというIoT社会。それを実現するために欠かせないのが、機器などをつなぐ新たな通信技術。何兆個ともいわれる機器やセンサーを瞬時につなぐための切り札として期待されるのが「5G(ファイブジー)」だ。
現在開発中の第5世代移動通信システム5Gには、これまでの4Gの常識を覆すテクノロジーの数々が詰まっている。もはや夢ではなく、目の前に迫った5Gの無限の可能性を見ていこう!

CHAPTER01 次元が違う5G!

CHAPTER01 次元が違う5G!

4Gから5Gへの移行は、スマートフォン、タブレットといった携帯通信端末はもちろん、これまでなかった機器間通信などによって、私たちの生活はどのように変化するのか。特に大きな変化を紹介しよう。

TOPIC1 速度と容量が激変する

速さの比較

ユーザー体感データ伝達速度は…
4Gの100倍の速さ!!
※2010年時点の4Gとの比較

容量の比較

1秒間で通過できる容量は…
4Gの1,000倍の容量!!
4G
5G
※2010年時点の4Gとの比較

今後いっそう高まると予想される大容量の移動通信や機器間通信の需要を満たすために、5Gには通信速度や通信システム容量の劇的な向上が求められている。これにより、VR(仮想現実)を含む高精細・大容量の映像配信などを、より多くの人がより身近なものとして楽しむことができるようになる。

CHAPTER02 5Gを支える技術

CHAPTER02 5Gを支える技術

5G実現の陰には、いくつかの通信技術の革新がある。それぞれのポイントをひも解いていこう。

TOPIC1 電波の混雑が緩和

技術革新による高周波数帯の利用

5G
5G
4G
周波数帯の広域化が可能になった!
高周波数の出現!!
低周波+高周波

これまで、移動通信のシステムにおいて高周波数帯の利用には、技術的な困難を伴っていた。しかし昨今の研究開発の結果、広い周波数帯域が活用可能になると同時に、高い周波数帯を使用することも可能となった。今後はこの高い周波数帯と既存の低い周波数帯を特性に応じてうまく組み合わせることで、電波利用の混雑を緩和し、通信の高速・大容量化が実現される。

TOPIC2 データのタイムラグが減少

情報送信方式の改善

遅延の低減 1/10に!!
遅延を低減することが可能になった!

ユーザーが1つの情報を受信するまでには、無線区間(基地局と端末間)で無数のデータをやりとりしているが、このやりとりにかかる時間分、必ず遅延(タイムラグ)が発生する。しかし遠隔医療や自動運転を実現するためには、遅延を限りなくゼロにすることが求められる。5Gでは、データを送信する時間間隔を小さくし、データのやり取りの際の待ち時間を減らすことで、無線区間の遅延を1ミリ秒以下に低減することが可能となる。

TOPIC3 膨大な人数が同時につながる

周波数利用効率に向上

1周波数で1ユーザーに
1周波数で複数ユーザーに
多数の端末との接続が可能になった!

これまでの通信技術の一例として、時刻毎に1つの周波数を1つのユーザー端末に割り当て、複数のデータができるだけ干渉しあわないようなデータを届ける技術が用いられてきた。
しかし5Gでは、同一時刻の1つの周波数に多くのユーザー端末に対するデータを重ねて届けるなど、複数のデータを混ぜて届けることで、周波数利用効率を上げ、多数の端末と同時に接続することを可能とする技術が検討されている。この場合、ユーザー端末では複数のデータが混ざった状態で受信することになるが、受信技術の発達などによって自分宛のデータを取り出すことが可能となっている。

CHAPTER03 劇的な変化を遂げる社会

CHAPTER03 劇的な変化を遂げる社会

幼いころにマンガやアニメで夢見た未来は、もはや絵空事ではない。5Gによって実現されるIoTの爆発的な普及によって産業界にも大きな変化が起こると予想されている。5Gが実現する豊かな社会の可能性を思い描いてほしい。

TOPIC1 5Gで変わる産業

5Gの豊かな可能性

医療の遠隔化
教育のオンライン化
農業のスマート化
自動運転支援
BIGDATA
IoT×5G=産業が変わる!

5Gによって大きな変化が予想される交通、医療、教育、農業。これまで開発が進められてきた自動運転カーや遠隔医療ロボットは、5Gの導入で実用化が一気に近づく。また、学校教育では小中学校でのタブレット学習が一般的なものとなる。

TOPIC2 農業に革命が起きる!

未来の農業

スマート農業
ロボット化・自動化された超省力農業
データを駆使した戦略的な生産
誰もが取り組みやすい農業の実現
生産・流通・販売の連携
IoT×5G=農業が変わる!

農業では従業員や後継者不足が大きな問題となっているが、今後は経験の少ない限られた人数でも事業を継続し、結果として安定した収入を得られるようになるだろう。その仕組みはこうだ。
ドローン、小型センサー、ウェアラブル端末(スマートグラスなど)を駆使することによって、害虫駆除や異常確認といったこれまで多くの労力を必要としていた作業を機械が担うことになる。さらに気温、日照時間、病気などのデータを収集・分析し、勘や経験に頼らなくても最適な施策を容易に選択できるようになる。
こうしたビッグデータを活用するには、ドローンに搭載したカメラや多数配置された小型センサーなどの様々な機器が、刻一刻と変動する状況を記録・測定。それらのデータが5Gによって瞬時にサーバーに集積される必要がある。集まったビッグデータは人工知能(AI)が過去の膨大な実績などをもとに分析し、人に的確なアドバイスを行う……。
「不確定要素が多く、きつくてもうからない」農業が、「過去から先を見通し、効率よく稼げる」農業へと進化するのだ。

CHAPTER04 Hello,the future!5Gが織りなす新時代

CHAPTER04 Hello,the future!5Gが織りなす新時代

誰も想像できない未来がすぐそこにやって来ている。5Gが担うIoT社会で我々の生活はどのように変わるのか。ここではそのごく一例を紹介しよう。

5Gの未来予想映像

Sharing our Future

より自由に、より楽しく。5Gを利用して展開される技術やサービスは、開発当事者たちですら正確に予測することはできないだろう。何気ないアイデアから生まれる豊かで多彩な未来の担い手は、他ならぬ私たち自身だ。

オススメ!
Tapしてネ!
Clickしてネ!
HERE COMES 5G JAPAN 2020 NTT docomo

提供:NTTドコモ

ここに掲載のコンテンツは、日本経済新聞 電子版で2015年1月~3月まで掲載した広告特集「新たな価値を創造する 真・グローバル人材」の転載です。